top of page

どんなピアノでも弾ききるという事 Whatever instrument you encounter, you have to bring out the best from it.


Pianistは楽器を持ち運んで行けないのでどんな楽器に当たるかは分からない。それは素晴らしい夢のような楽器が待っている事もあれば、凄まじいひどい楽器が待っている事もある。


For pianists can not take her/his instrument with us, we often encounter amazing instruments both in good sense and bad sense.


私はドイツにいた時、元お城の天井の高い素晴らしいお部屋で、白鳥と噴水を眺めながらベーゼンドルファーやスタインウェイ、ベヒシュタイン等々の素晴らしい楽器で練習をすることができて、それは素敵な音の体験を持つ事が出来た。

When I was in Germany, I was allowed to practice in beautiful rooms with high ceiling and  big windows, through which I could see swans at a water fountain and trees. In these rooms ,there were Bechstein, Bosendorfer, and Hamburg Steinway..and I could fully enjoy reverberation of piano sound.


アメリカに渡ったら、24時間空いている窓の無い練習室でMusic schoolの生徒達が死ぬほど練習していて、タバコの火や落書きや、自動販売機で売られている毒々しいお菓子のパッケージのプラステイックやらで、それは恐ろしい場所で練習しなければならなかった。想像力も夢もインスピレーションも湧かない、

After that, I went to the U.S.A, practice room was in a bleak tiny rooms without windows  which were 24 hours open. In the rooms were graffitis, burned marks of cigarets, plastic wraps of sweets full of artificial food colors and additives  that were sold from the  vending machines , placed in a tiny area where music students took a break and smoked.  There were no beauty, zero  source of inspiration to me.


その絶望的な驚きをウィーン生まれのロベルト先生に話したら”まどか、アメリカでは音楽は頭の中で作るのだ”と言われ仰天した。あのホロヴィッツ出さえ、キューバに演奏に行った時、鍵盤が上がってこないひどい状態のアップライトピアノをボートで運んで僻地で演奏した事もあるが、心を込めて弾き切ったと言われ、その言葉を忘れた事がない。


I complained that to  Professor Walter Robert who was originally from Wiena, then, what he said was ; “ Madoka, in The U.S, you have to make music in your head!” !!! What?? he said even the Horowitz once had to perform in a remote place in CUBA with an upright piano whose keys did not come up some times. The piano was transported

By a boat in a river but He did deliver an exciting concert !!  


日本の一流でない会場は教会も含めて(教会はコンサート会場ではない、がヨーロッパではだいたいにして音響が良い)響かない場所が多い、練習場所は防音、消音にしてある。そんなところだけで練習していたら、音を響すという事、余韻を楽しませながら作るtempoなどは習得できない。想像もつかないのでは?と思うが、どうかしら?


In Japen, except music halls, often acoustics are very dry. Churches are not concert halls but European churches have wonderful acoustic. Often studios for practice are equipped with dumpers and muffs. This is quite sad for classical western music. I wonder whether if people have been always practicing this kind of dry & dead environment, the concept of sound making or even phrasing and the length of breath or pause( silence)  would become very different ( short and hectic)from people in Europe.


音響の事はさておき、酷い楽器に当たっても演奏するということに関しては、私は地方の小さい教会で伴奏のお仕事をさせて頂いていた頃にピアノがあると言われていて、そのつもりでショパンの英雄ポロネーズなども用意して行ったのに、ピアノがどこにもなくて、足もついていないキーボードしか無かった事など、ありとあらゆる状況を経験してきたので、かなり心構えはできているつもりだが、数週間前、私も室内楽の練習に使用させて頂いたある会場のピアノ、音響は日本のようでなく、抜群の素敵な環境なのですが、ピアノはかなり酷い状態。であったその会場に ドイツのユースオーケストラが来日して、2人のソリスト、チェリストとピアニストがオーケストラとコンチェルトを演奏するのを聴いた。

 

Putting the acoustics  beside, A few weeks ago, I heard a young pianist who came with an elite youth orchestra from Germany as a soloist and performed at a German church in TOKYO.This chruch is a beautiful place and acoustic is wonderful. I rented to practice my Horn trio there and enjoyed wonderful reverberation of Horn there but their upright piano was not good at all. Actually many musical people from the church already knew and complained afterword but,,


もちろんチェロは問題なし。でも気の毒なピアニストさん、あのピアノで繊細なMozartのピアノコンチェルトを演奏するなんて!本当に驚きました。

会場の方々も判っていらして、申し訳ないと思っていらしたけれど、でもすごい、お見事でした。よく健闘されました。素晴らしかったです。内田光子のような美しい音で徴収を恍惚に陥らせる事はあのピアノでは完全に不可能だったけれど、よくやった。


This young pisnist played Morzart piano concerto brilliantly, with his heart. Of course it was impossible to impress audience with MITSUKO UCHIDA- kind of sanftig(rich & dreamy) sound of slow movement but he executed his task as musician,  Baravo!


ロバート先生が頭の中で何が起こってもしっかりと、こう弾きたいというものを貫き通す=ピアノは頭の中で弾く=鳴らす という言葉が蘇ってきた。

So, I once recalled what professor Robert said to me, “ Madoka, you have to let sound your piano in your head!."



Comments


Featured Posts
bottom of page