top of page

英国王立音楽院検定試験最高点合格者発表コンサート/ABRSM exam. High scorers' concert

私の関わったお弟子さんの中から、二人目のABRSM Piano practicalのGrade 8 のdistinction, 昨年の最高点取得者が出て、コロナのせいで半年も遅れてでしたが、記念コンサートが9月に行われました。私自身がこの試験に関わり始めたのは6年前あたりからで、留学はしていてもイギリスではないので、それほどこの試験に詳しくなく、手探り体当たりで指導して来ましたが、本当に嬉しい‼️受かった二人はとても頑張り屋さんでした。

Now, the second pupil from my piano class has received distinction mark of ABRSM grade 8 piano practical exam. I studied in Europe and the States but not in UK and did not know much about ABRSM exams until recently. I have been exploring ways to teach all the requirements for my students to pass and they were both hard workers! Very proud of them!



日本にはピアノコンクールが沢山あって、才能豊かなピアノが上手なピアノ学習者が本当に沢山いるが、コンクールは 一位、2位、3位 でそれ以外は賞は無い。もちろん予選を通ること、本戦まで行くこと、そこまで念を入れて用意すること、練習することは素晴らしい過程であるが、全ての人がコンクール向きでは無い。

There are many many piano competitions in Japan from small ones to prestigious ones and there are many many piano students who are talented and good at playing piano. The process of preparation to enter competitions are quite a work and this tough process brings huge progress to students. However, not everybody is made for competitions: there are only few winners and the rest are left unrecognized.



私がこの試験の良いと思うところは、ピアノの実技だけでなく、音楽の総合力を問うものであることです。

What I like about ABRSM exam is that this exam requires not only piano playing but also more overall understanding of music.



各グレードにあった、演奏技術だけでなく、音楽理論 ; 音楽様式のスタイル、楽曲の分析的理解なども含む 音楽的理解を要求されます。

Candidates are required to have each grade appropriate levels of knowledge of music theory, musical styles, analytical ability, etc,,



これは楽器の演奏技術だけを教えがちな指導者にとって大きなチャレンジでもあります。そして、それを実践することは指導者自身の音楽的理解と成長にもつながります。 To help preparing pupils for this exams is a challenge to conventional piano teachers but this challenges make us grow as musicians , as well as music teachers with wholesome approach of music.



私はこの試験の受験者の指導をすることにとても喜びを感じています。将来受験を考えている、特にインターナショナルスクールに行っている生徒さんの指導に関しては、特に幼少の時からも 将来の受験に備える、理論を含んだ音楽の指導を、ピアノのレッスンに組み入れて行っています。もちろん日本人のお子さんのレッスンにも理論は組み入れていますが、今回の大翔君は全くインターナショナルスクールとは関係ない日本の学校に行っている普通の?日本の男の子で、彼がDistinctioneで合格できたことは、とても嬉しいことでした。

I am enjoying teaching my pupils with ABRSM curriculum.

To especially my International students in my class, even from young ages, I try to teach to prepare them for ABRSM exam in future but HIROTO is not an international student at all. He is a typical Japanese school student.

I was extremely happy that Hiroto had passed this exam and with distinction!! Well done, Hiroto-kun!



ピアノ実技のレベルは、日本の毎日コンクールなどに比べると、ずっと厳しくないものですが、私はとにかく、音大にゆかなくとも、これだけの音楽の知識を、実技を習得しながら学べる、この検定試験のスタイルが好きです。

The levels of requirement of sophistication in piano playing for ABRSM exams are not as stern as of winning levels of Japanese piano competitions but I like that when students can acquire much musical knowledge while they learn exam pieces and work on piano playing skills.



今年はコロナのために大翔君が出ているこの、high scorer concertも半年遅れて行われ、実技試験もストップしていますが、コロナ明けに向けて今また二人のお弟子さんがGrade 8 Piano実技試験に向けて譜読みをしています。

その前にGrade5 theoryに合格しなければならないのですが、Grade8の実技以外の課題に比べると、そんなに難しいことではない、、、と言いながら、改めて日本のピアノ教室では(私が来た道では)勉強しない、音楽の幅広い細かい知識を、私のお弟子さん達が 楽しくわかりやすく理解できる方法を日々模索しています。

Actually, Hiroto passed last May and he was supposed to perform at High scorers’ concert in September 2019 but due to CORONA pandemic, the event was postponed and also currently, there are no practical music exams. Two of my students are reading new exam pieces and working on them to get ready for the next exam. I hope the pandemic will be soon over and exams will be restored. Meanwhile the two have to also work on music theory tests and I have been trying to make the subject easy to understand for them and I have been learning through this too.


楽しみです。

Looking forward.


早くコロナ問題が解決して欲しい!


大翔くん、改めておめでとう!Congratulations again, Hiroki, 次は妹さんの番ですね!







Comments