top of page

マインドフルネスは愛/ Mindfulness is Love Mindfulness is Love( undivided attention!)


Because mindful listening = listening to own sounds and other people’s sounds or environment, with concentration and reading music carefully, trying to get the intention of composers, and constructing how phrases should be carried in sound; all require mindfulness.


なぜならマインドフルネスは傾聴、自分の出す音を聴くこと、

他人や環境の音を注意深く聞くこと、楽譜から読み取って音を頭の中で鳴らす事、音だけでなく音楽のフレーズも頭の中で回せる事、上級になると作曲家がどのようにフレーズを弾いてほしいのかを読み取ること、


一心に取り組む事




今回のテーマはここですが、少し説明に入ります。

Would like to explain how I came to these idea.




1,最後に残るのは心(思考)!

Train to keep thoughts that make us progress!

脳をPositiveな考えにフォーカスさせる習慣をつける!



  My 92-year-old mom, who is no longer physically active、her senses of hearing、tasting, smelling, and seeing is deteriorating, It is sad, but that's aging. And I am sadly witnessing that she is becoming very negative; often, her mind is filled with dark fantasies, produced by her victimized mentality.


私の92歳になる母はだんだん体の機能が衰えてきて、散歩に行ったりする事はできなくなり、五感(視力、聴力、匂い、味、)の感覚も薄れて来ている。

コロナで仲々娘にも会えず大変気の毒だったが、最近電話をかけてくると

被害者意識から来る妄想=自分はいかに悪い境遇に居り、

それによって差別を受けていると言う話ばかり😯


Suddenly, I realized when you are old, and you can not initiate taking physical actions anymore, what is left with a human is thoughts. And also to choose on what one should put one’s focus. That choice.


それを見て、ハッと気づいた事=歳老いて五感が失われて行って、運動能力も失われ行動を自分から起こせないようになった時、人に残るものは



考え,考え方と心 のみ


We are emotional beings and we can not cut off our emotions but be tossed around by emotions, especially bad/ harmless emotions is not healthy, not fun.



人間は感情の生き物だから感情を切り捨てて生きる事は無理に近いが、悲観的な感情に囚われて、翻弄されるのは辛い事だし、前進を阻む。






I felt strongly that I had to train myself to focus more on the bright sides of anything.

母を見て、ことごとく、今からnegativeな感情に囚われない訓練をしようと決心した。



When I face problems and challenges, see the challenges as they are, without too much worrying about the future and past, and do not add my own interpretation to the facts but focus on “ The now.”.


つまずいた時、その時はそうだからどうなる、こうしたからこうなったのだ、などという先の心配も過去の因果も切り捨てて、その時の改善だけに取り組む事❗️


Make this a habit❗️

くよくよしていないて立ち直りを習慣にする!



それは演奏にも共通し、

This is "a must to have"skill for music performances.
日頃の試験やインタビューなどの最中でも必要になって来るスキル

and any other performances in our daily life.

A well-known mind trainer, Dandapani calls focus with undivided attention upon NOW, is “Mindfulness, “and Eckhart Tolle calls “ Power of now.”


思想家のダンダパニ氏はその、

現在のみへの100%のフォーカスがマインドフルネス、でエクハルト、トレ氏は今の力だという.、


Focus on NOW to obtain the Power of now means to concentrate.


Those who can focus on now with no distractions can achieve. True.


彼は言う、目の前にある今にフォーカスしなさい。それが集中ということで集中力。集中力がある人は成し遂げる。


良く聞く耳の痛い言葉、


The good news is that focus should not be obtained forcefully but with Love and enthusiasm.

For example, paying undivided attention to your spouse once a day, is done from Love, right?


朗報は、集中は,しなさい!と言われてする物ではなく,自分の中の深い興味や愛によってモチベーションを上げれば苦労なく行えること。例えば伴侶の為に一日一回他の事に全く邪魔されない伴侶にだけ向けた時間を作る事、は愛からできる事だと。マインドフルネスとは一度に、一つのことに、全てのエネルギーを注ぐこと=愛だと。


I see,

なるほど.


And practicing every day will equip us with this concentration and mindfulness.


そしてその集中力もマインドフルネスも訓練して行って得られる様になるのだと、


Take a deep breath, first

まずは息をして、


There is a lot in common between this Power of Now ( and Love) and my attitude toward learning piano.

そこに私の音楽学習の仕方とに共通点があります、


But putting this aside, I will come back to this later.

でも一旦これは脇に置いて、



長いので結論に飛んで下さって結構です😉

You are welcome to jump to a conclusion.




 


*ものは所詮もの / Stuff are stuff*について


人の肉体は衰え、最後に残されるものは考えと心だけ、に関して、もう一つ失われるもの、もの、について、、、


The other insight I got was, “Stuff is stuff; pieces of stuff do not stay with us always. Also, the values of stuff are not universal. It depends on how one sees that stuff and how useful it can be to that person. People have different tastes and values, and also our values change. Stuff are stuff


ものは大体いつか手放さなくてはいけなくなるし、壊れたり、無くしたりもする。物の価値は人それぞれの、その物へ対しての感情やどれだけ役立たせる事ができるか、によって変わってくる。そしてその役立つ役立たない、人によってもあるいは同じ人でも価値観は時に変わる。しかし所詮物はもの、


I learned this from helping my friend’s moving.

沢山の物を捨てなければならなかった友人の引っ越しを手伝ってそれを痛感した。


So, then, what will stay with us until the end of our life or when we are removed from gadgets & stuff 、 or when we can not use them anymore??


では 私たちの一生の終わりに私たちに残るものは?


Music ( sound image? )will stay in our heads. Beethoven kept his amazing musical creativity even after he became deaf. People treasure favorite tunes and words in our heads and often can sing too. This is a treasure that will not be removed!!


音楽は残る、音のイメージはベートーベンが耳が聞こえなくなってからも創作ができたように脳の中に残る。私たちも覚え込んだ歌や歌詞はいつまでも残る。声に出してもいいし、頭の中で鳴らすこともできる。



Images too. What we saw at our travel destinations when we were young will stay in our brain, and smell, feel, sound,,, and memories are also unremovable treasure.

映像も、私たちが旅先で見た美しい風景や観劇したオペラの舞台、コンサートや発表会などの思い出は、映像と、空気の振動と、匂いや音を伴って私たちの中に残る。思い出、



*結論 conclusion*



We have to nourish our soul and our brain with good vibrations and good thoughts.


だからこそ、良い思い出、良い波動を伴う考えを選んで、

私達の記憶の倉庫を楽しい豊かな場所にしてゆかないと、






Good music can do this task, and music has been such a solace in my life, like kind words or hospitality from people or hugs.


音楽は心の慰めになり、心を洗ったり、目覚めさせたり、士気を上げさせる力があり、心を豊かにする。

人からの優しい言葉やハグも同じ、



When I made my website, I was told I had to have a name for my Piano class. I wanted to have ”mindfulness,” but mindfulness -music piano studio has been a name too long for internet business,

私が初めてピアノクラスのホームページを作る時に、教室の名前がなければならないと言われて、まず頭に浮かんだ言葉がマインドフルネスでした。しかしマインドフルネスピアノスタジオは多分馴染み易くないネーミングで迷ったけれどどうしてもマインドフルネスを入れたかった。




Because mindful listening = listening to own sounds and other people’s sounds or environment, with concentration and reading music carefully, trying to get the intention of composers, and constructing how phrases should be carried in sound; all require mindfulness.


なぜならマインドフルネスは傾聴、自分の出す音を聴くこと、

他人や環境の音を注意深く聞くこと、楽譜から読み取って音を頭の中で鳴らす事、音だけでなく音楽のフレーズも回せる事、上級になると作曲家がどのようにフレーズを弾いてほしいのかを読み取ること、


一心に取り組む事


マインドフルネスは愛/ Mindfulness is Love



Mindfulness is Love( undivided attention) and learning piano requires concentration of listening, feeling touches, physical agility, planning, analyzing, self-control, daily practice( discipline, ) and esthetic sense,


マインドフルネスは愛 (その一つの事だけに注ぐ注意)という言葉を聞いてとても安心した。そしてマインドフルネスに伴う”瞑想”は

ピアノ教室とは関係ないNew Ageのトレンドではなく、瞑想は呼吸、呼吸を整え、集中して一つのことに取り組むこと(集中)への準備であり、プロのスポーツ選手などは誰でもしている事。


❤️

Learning how to play piano is a fantastic wholesome brain teaser/ stimulation that will become a treasure that will not be removed.


ピアノ学習はものすごく包括的なの脳への刺激。音を出し、聞く、耳と指先の感覚と、体の使い方、全てを研ぎ澄ませての集中、感性を使い日々の訓練の習慣をつけ、計画を立てる、、、そうやって落とし込んだ音楽は人の魂の中に一生残る。特に愛と供に取り組んだ場合、、





In my piano class, it’s my purpose to teach my pupils mindfulness in piano learning.



私のピアノ教室のゴール

マインドフルネスを伴ったピアノ演奏指導❣️



最後になりましたが、今回のメインの嬉しいニュースです!


本当に素晴らしい二十五弦箏者の小澤千絵子さんと

Mindfulness music studioを

姉妹校で再出発することになりました。


Now , there is a wonderful news to aanounce!

I and Chieko Ozawa, an incredible 25 stringed Koto player, decided to restart our music studios as sister schools.


千絵子さんとはピアノとのコラボをさせて頂き、

私に全く新しい音と音律の世界を

見せて頂いています。


She and I have been doing some collaboratio works.

She has been showing me a new world of musical temperament and sound.


私にとって、

弦を弾いて1音1音を大切に出すという

作業はピアノにおいても

弦を弾くことを想像しながら弾くことも多く、


It has been one of my intention to produce sound of piano like harps or KOTO, by plucking strings and let the vibration spread = treat piano as stringed instrument sometimes.



又、箏においては音を消す作業もしなければならないと言う

超Deep listeningを伴う音造りにインスピレーションを頂いています


Also, the part Harp or Koto players have to stop their sounds by putting their hands on the viberating strings, reminds me of one of important elements in deep listening, to listen to the end of one's sound.



千絵子さんについての事はまたもっと詳しく書きます!

 Will write more about her another time!




出会いに感謝!感謝!



Very thankful to God for having provided me with this wonderful & beautiful musician in my life!






Comentarios


Featured Posts
bottom of page